冷間圧造専門 ニードルローラー、ボルト、ピン製造

経営理念

 

共存共栄

良質な製品の提供誠意ある対応
お客様の繁栄に寄与し
我社の繁栄をはかる


音戸の瀬戸(本社付近)

品質方針

 

(1)お客様に満足していただける製品を提供します

(2)お客様の信頼に応えるため、「当社内部の仕組み」を絶えず改善していきます

会社概要

 
会社名 有限会社 中本螺旋製作所
事業内容 ニードル・ローラー、ボルト、ピン等の製造
本社所在地 〒737-0012 
広島県呉市警固屋6-3-8
創業及び設立 創業 昭和9(1934)年7月10日 
会社設立 昭和39(1961)年10月2日
役員 (代表取締役)中本成基 (副社長)中本成治 
(専務)中本 茂 (取締役) 中本 玲子
従業員数 13名(男子9名・女子4名)
資本金 500万円
取引銀行 広島信用金庫 呉支店、
広島銀行 呉支店

沿革

 
昭和9(1934)年7月10日   本社所在地にて中本螺旋製作所を創立、ボルト製造工場として操業を開始、呉鋲螺産業(株)(大阪市)を通じ軍艦印ボルトとして販売
昭和20(1945)年8月   終戦とともに一時操業を休止、昭和21年5月呉鋲螺産業㈱と取引再開
昭和26(1951)年10月   東洋工業㈱(現マツダ㈱)の一次協力工場となり、自動車用ボルトを製造納入
昭和36(1961)年10月2日   資本金200万円の法人組織に改め、有限会社 中本螺旋製作所となり、昭和38年10月2日資本金300万円、昭和42(1967)年12月13日資本金500万円とする
昭和43(1968)年1月5日   岡山県小田郡矢掛町に分工場操業を開始
昭和47(1972)年7月   東洋ベアリング㈱(現NTN㈱)の協力工場となり、宝塚製作所へテーパーローラーを納入。昭和53(1978)年4月磐田製作所ニードルベアリング工場へニードルローラーを納入開始
平成17(2005)年1月   マツダ向けは松本重工業㈱へ、平成20(2008)年10月よりNTN向けは㈱NTN上伊那製作所へ納入することとなる
  創業以来一貫したヘッダー専門工場として現在に至る